平成31年度4月~9月 お昼の上映会スケジュール

札幌市民ギャラリーでは、展覧会開催期間中(おおむね水曜日から日曜日)のお昼の時間帯、過去に美術映画会で紹介した作品を1階ロビーのTVモニターにて再上映しています。
展覧会の際や、お散歩の休憩がてら等、どうぞお気軽に市民ギャラリーへお立ち寄りください。

●時 間  開演11:30~ 12:30
●場 所  札幌市民ギャラリー 1階ロビー
●上映作品 「メトロポリタン美術館」シリーズ、「私の美術館」シリーズ、 ほか

★ダウンロード版チラシ(PDF)は こちら

※掲載内容の一部が予告なく変更になる場合がございます

カテゴリー: (h) お昼の上映会 | コメントする

3/28 市民ギャラリー「子ども映画会」を開催します!

♪札幌市民ギャラリー 子ども映画会♪

3月28日(木)に「子ども映画会」を開催いたします。
普段は作品を飾っている展示室がミニ映画館になります!

今回は、かこさとしさんの絵本が原作のアニメ
「からすのパンやさん」と「どろぼうがっこう」の2本です。

小さいお子様連れでも、子どもだけでも大丈夫です。
ぜひみんなで市民ギャラリーへ遊びに来てね!!

【じかん】3月28日(木)10:30~11:10(開場は10:15から)
【ばしょ】札幌市民ギャラリー 2階 第4展示室
【料 金】入場無料


第1話「からすのパンやさん」

いずみが森のからすのパン屋さん。
とんかちパンに、かえるパン、バナナパンに、きょうりゅうパン、
おもしろくてすてきなパンをどっさり焼いてきました。
するとそのパンは町中の子どもに大評判!
大人たちも何事かとかけだして、
パン屋さんの店の前は大騒ぎになってしまいます・・・!


第2話「どろぼうがっこう」

山また山の村はずれにある、どろぼう学校。
まいばん夜ふけから夜があけるまで
いっしょうけんめいがんばって、
早く一番悪いどろぼうになるように勉強しています。
でも、どろぼう学校の生徒たちは、いつも失敗ばかり・・・
いったいどんな勉強をしているのでしょうか?

【住 所】札幌市中央区南2条東6丁目
【連絡先】電話:011-271-5471 FAX:011-232-5539
【主 催】札幌市民ギャラリー(札幌市芸術文化財団)

★チラシのダウンロードはこちらから★

カテゴリー: (i) 子ども映画会 | コメントする

3月の美術映画会

平成30年度は『華麗なる美の殿堂 世界の美術館』シリーズを上映いたします。3月は、イタリアのフィレンツェにある世界有数の美術館『ウフィーツィ美術館』とともに、同じくメディチ家のコレクションを基盤をした『ピッティ絵画館』より名作の数々を紹介します。美しいクラシック音楽のBGMとともに、名画を大画面で鑑賞する午後のひとときをお楽しみください。

開催日 2019年3月7日(木)

開 演 14:00 (13:30開場、上映時間約53分)

会 場 札幌市民ギャラリー 1階 第3展示室
(札幌市中央区南2条東6丁目/地下鉄バスセンター前駅10番出口より徒歩3分)

※お客さま用駐車場はございません。 車でお越しの際は、お近くの有料駐車場をご利用ください。

入場料 無料 (事前申込不要、当日直接会場へ)

上映プログラム
華麗なる美の殿堂 世界の美術館⑩ ウフィーツィ美術館Ⅱ/ピッティ絵画館


★ダウンロード版チラシ(PDF)はこちら!

カテゴリー: (b) 美術映画 | コメントする

2月の美術映画会

平成30年度は『華麗なる美の殿堂 世界の美術館』シリーズを上映いたします。2月は、イタリアのフィレンツェにある世界有数の美術館『ウフィーツィ美術館』より主に14世紀から16世紀のヨーロッパ美術の主導的役割を担ったフィレンツェ絵画を紹介します。美しいクラシック音楽のBGMとともに、名画を大画面で鑑賞する午後のひとときをお楽しみください。

開催日 2019年2月13日(水)

開 演 14:00 (13:30開場、上映時間約55分)

会 場 札幌市民ギャラリー 1階 第2展示室
(札幌市中央区南2条東6丁目/地下鉄バスセンター前駅10番出口より徒歩3分)

※お客さま用駐車場はございません。 車でお越しの際は、お近くの有料駐車場をご利用ください。

入場料 無料 (事前申込不要、当日直接会場へ)

上映プログラム
華麗なる美の殿堂 世界の美術館⑨ ウフィーツィ美術館Ⅰ


★ダウンロード版チラシ(PDF)はこちら!

カテゴリー: (b) 美術映画 | コメントする

【募集】札幌市民ギャラリーで一緒に働きませんか(※締切ました)

このたび、札幌市民ギャラリーでは契約職員を募集いたします。
詳細はこちらのPDFファイルをご覧ください。

★受付期間:平成31年1月25日金曜日まで(必着)

カテゴリー: (a) ギャラリー通信, (g) その他 | コメントする